布小物や子供アイテムを手作りしています。はりねずみままという手芸サークルでイベントにも参加。 仕事で障がいを持つ方へハンドメイドとパソコンを教えています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろありました
2010年06月15日 (火) | 編集 |
raizo.jpg
お久しぶりです。
みなさん、お元気に過ごされていますか。
九州では梅雨に入り、今日、ようやく梅雨らしく雨が降っています。

ブログの更新、いろいろあって、疲れたりしてて、なかなか書く気になれないままでした。
ようやく心も落ち着いて来たので、製作も頑張らなくちゃ~!と、今日は布在庫をひっくり返しています。
そのまま片付けに突入中(^^;)
縫えるのはいつのことやら…???
連絡が途絶えていた人、すみません!!!
ランチをキャンセルしちゃったセリカさん、ゆうたんママさん、ごめんね。
それと涼子ちゃん!ホントにゴメンなさい。今日気づきマシタッ! 
詳細は、もう、直接送る~(><); 気を使わせてごめんね。全部私のせいなのです!

話は変わって、写真は実家の猫。宮田雷蔵ですv
三月に息子の相手をいやいやながらしてくれているところです。
本日書く続きは、私が猫を飼っていた事を知っていた方にお知らせまで。




ここのところ何もやる気が起きない~と言う感じだったのですが、体は忙しかったです。
先月末の夫の入院(たいした事無かったしもう治ったのでご安心を)に始まり、息子中耳炎→いまだに完治せず、長女珍しく発熱、病院に毎日行っているなあ…ハンドメイドできないじゃん。って思っていたのですが。
上記のことはまだまだ全員が軽い症状で治った&治るわけで。

雷蔵くん、十四歳。 亡くなりました。
まだ信じられない感じです。
この写真、わずか三ヶ月前。
このころはとても元気で、性格は年を取った分丸く成ったな~良い猫だなあ。って馬鹿親ながら思っていました。
飯蔵くんにとても似て来ていたのです。
体も、うん、白髪が見つけるとあるけど。
外を歩く姿は変わらず。まだまだ元気でやっていけるね!って思っていました。

病名は腎盂炎。 人間なら透析が必要な病気だそうです。
急に痩せ始めて元気がなくなったと妹はいっています。
入院したのですが、病状は良く成らず退院しても入退院の繰り返しが約束されているような状態でした。
最後は入院していた病院から連れて帰る直前、心臓発作。
入院のストレスで心臓も弱って来ていたので…。
先生も、家族も、この病気を良くしてまた元気にしたいっていう気持ちがあって必死なのは解ってたと思う。
本当は家でみとりたかったけども、妹にも私にも雷蔵の命を諦めて死ぬのを待つ覚悟が出来なかった。
結果、緩やかに家で過ごすしてさよならの準備をする時間をなくしてしまいました。
どっちが良かったかなんて、今も解らないし後悔はしないつもりです。
妹が「もう帰ろうね」っていって「にゃん」って返事して、もう帰るつもりでいたのが救い。
そのまま心は帰っていたと思います。
ありがとうね、雷蔵。
私はみとる事は出来なかったけど、最後の日とその前の日、お見舞いにいけてよかった。
天国で、多分いるだろう飯蔵くんと仲良く遊んでね。
雷蔵を可愛がって下さったみなさん、本当にありがとうございました。


そして、たんくちゃんですが。
まだまだ元気一杯、現在13歳。
向かい傷をばりばり作って来たり、蛇に噛まれただろうと思われる傷を作って来たり、負けん気が強く若い猫には負けていません。
食欲も旺盛でぽっちゃりボディにつやつや毛並みです。
たんくちゃんはまだまだ長生きして、みんなを驚かせて欲しいとおもいます!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
猫好き♪
こんにちは
大変でしたね。早く元気になれることを祈りますね(人д〃)

 どんぐりも昨年末に飼っていた猫が旅立ちました。実家に預けていたので、未だに不思議な気持ちです。大好きなこだったので、切り替えが出来なかったんですね、でも、このままでいいやって思ったら、急に楽になりました。

 とても大切にされていたのが、文面から分かるので、きっと雷蔵さんも幸せだったでしょうね♪
2010/06/15(火) 14:00:01 | URL | どんぐり #-[ 編集]
大変でしたね
宮さんならびにご家族の体調の方はもう大丈夫ですか?
少しずつ蒸し暑くなってくる季節なので、あまり無理をしないようにね?

そして雷ちゃんのこと。
数年前にお邪魔した時にほんの少しだけ会ったことがあったね。
動物って一緒に暮らし始めると家族になるんだよね。
その存在の大きさは人間と動物の境界線なんかなくしちゃう。
まして14年も傍にいたのなら、心にぽっかり穴があいちゃったよね?
でもお姉ちゃん2人の記憶にはしっかり残っていると思うから、
きっといい思い出になると思います。
こんなにも愛されて雷ちゃんも幸せだったはず。 元気をだして!
2010/06/15(火) 19:43:47 | URL | あさ #-[ 編集]
らいちゃん…
あれ、はんちゃん?いや、らいちゃんだよね!はんちゃんに似てきたのね~と思ったら
日記が最後まで読めんかった…

らいちゃんとこめと、年は変わらなかったよね
当時のことを思い出すとまた目がじわっとなります
実はこめも腎臓の数値が良くないので、気をつけてあげなければと思いました

こっちこそ、楽しい思い出をありがとうです
夜中網戸にすごい勢いで張り付いたらいちゃんが、いまでも忘れられません

みやさんも辛いと思うけど、ちびっこたちもたんくちゃんもいるし、元気出してね
皆の病気、早く直りますように!(中耳炎痛いよね~)
2010/06/15(火) 20:00:52 | URL | れおな #-[ 編集]
らいちゃん
天国に行っちゃったんですね。
もう14歳だったんだ・・・。
昔、みやさんの住んでたアパートの隣の公園で、一緒に遊びましたよね・・・懐かしいです。
楽しい思い出を有難う、らいちゃん!!
2010/06/15(火) 21:04:23 | URL | ちーちゃん #-[ 編集]
どんぐりさん>
動物を飼っているとどうしても別れがあるものですよね。
今まで楽しい気持ち、幸せな気持ちを沢山ありがとう。という気持ちで一杯です。
また、きっと魂が会いたいって思ってくれたら…違う形で会えると思っています。
そのときには、また笑顔いっぱいで、ぎゅーって出来たらいいな!

あささん>
ありがと~。
心の穴、子ども達がうめてくれて、結構大丈夫な私がいます。
妹が心配だけど、もうおじいちゃん猫だったから早かれ遅かれ来る事だったねって…。
動物をなにかしら飼っている家なのですが、14年は今では最長。
長生きしてくれた事に感謝です。
つぎはたんくがすっごーーーっく長生きして更新してくれる事を祈るのみ!
子ども達も相手をしてくれた雷蔵は大好きだったし、息子ですら猫をみると反応が全然違うぐらい猫好きです。
写真もいっぱいあるし、きっとずーっと覚えててくれるねって思っています☆

れおなさん>
れおなさんにいうのが一番堪えるなあって思っていました。
こめたん、同じ年だもんね。
腎臓の病は猫って多いらしいから(雄が多いらしいけど)、特に夏は水分を気をつけてあげてね。
子ども達にも色々話して聞かせたよ。
命について解ってくれるといいんだけど、まだまだ難しいみたい。
次女は「死んでもまた生まれ変わって会えるよね!」って凄く前向きで~す(笑)
ま、それでいいか。と思っています。
会えるだろうからね(^^)/

ちーちゃん>
14年も経ってました(^^)
アパートも環境が良かったけど、実家はもっと良くて猫にとっては最高だったんじゃないかと思います。(ライバルはいましたが)
遊んでくれてありがとうございました☆
2010/06/16(水) 12:38:22 | URL | 宮田まり #-[ 編集]
そうくん、やんちゃざかり☆
と思いつつ、雷蔵くん、なつかしいな~と読んでたら絶句…。
でも動物飼ってると避けられないコトなんだよね。
(まぁ、人も動物もないんだけど)
14年間宮さんやそのご両親、ご家族の
そばにいてくれたことに感謝しつつご冥福を祈ります☆
でもきっと天上でも飯蔵くんたちと遊びまわりながら
これからも宮さんのこと見ててくれると思うよ。
2010/06/16(水) 16:37:37 | URL | ユラグマ #-[ 編集]
ユラグマさん>
心配してくれてありがとうね☆
私の猫好きを嫌と言う程(?)聞かされている人たちはだいぶ心配してくれましたが、14歳なら…もともと強い方ではなかった雷蔵くんの天寿と思ってます。
もう大丈夫だよ!
2010/06/19(土) 07:46:36 | URL | 宮田まり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。