布小物や子供アイテムを手作りしています。はりねずみままという手芸サークルでイベントにも参加。 仕事で障がいを持つ方へハンドメイドとパソコンを教えています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつのまにかすっかり春
2008年03月26日 (水) | 編集 |
桜も咲き始め、暖かくなってきましたね。
今日幼稚園の友達と公園に行ったら、風強すぎて寒かったけど…あしたは雹が降るかもとか予報で言っていたけど…でも日差しは春だね!
いろいろ忙しくて、今年は菜の花の河川敷には行っていません。
明日は雨らしいから、雨が上がってから行ったらだいぶ散っているかも。
でも、春の息吹が沢山感じられるだろうから、明後日あたりに楽しみにして行こうと思っています。


下記は暗い話ですので、読み飛ばして頂いても。
書きたくて書いただけですので(^^;)
二月三月は本当にいろいろありました。
うちの家庭の中でも病気とかで大騒ぎしていたんですが、一番辛い事が一段落つきました。
一月ほど前から臥せっていた90歳の夫の祖母が先日亡くなり、怒濤のような日々。寝たきりになられてから怒濤のような日々だったのですが。
90歳というと長生きですが…一人暮らしで何でも自分でされ、一月ほど前まで夫と娘たちと毎週買い物に出かけていらっしゃったので、本当に突然。
本当に本当にひ孫(うちの娘たち)をかわいがってくださっていて、こんなにいいおばあちゃんは他にいないと思うぐらいでした。
夫と結婚する前からしか知りませんが、穏やかでとても優しい人でした。
通夜に100人、葬儀は300人。
弔電は100を超え、お花は80台だったそうです。とにかく花が凄かった。
おばあちゃんの人柄と、若いときに頑張って会社をやってこられた力量だったんでしょうね。
うちは外孫ですし次女も熱があり、私も七ヶ月のおなか。
通夜や葬儀ではほとんどする事はありませんでしたが…みんなぐったり。
義母が毎日介護で通い、旦那が福祉関係の仕事なので介護保険関係の手続き、主治医との手続きなどを進めていたのと毎日の義母の送り迎えなどで、誰よりも義母と夫が大変でした。
旦那も疲れて風邪を引いて熱を出していたので、私も代わりに送り迎えに行ったりしたのですが、次女に風邪を引かせなかったらもっと行けたのにね。
何もかも重なった事が今になって残念です。
祖母が子供たち二人を本当にかわいがってくださっていて…毎日「千晴は来んとかい?」「千咲はおらんとかい?」と楽しみにされていました。
最後の方では娘が「おばあちゃんご飯食べなきゃだめよ!」とベッドに張り付いて言うと量が増えたそうなので、長女は毎晩行きました。
帰りは夜の10時頃。4歳児には眠かったでしょうけど頑張ってくれました。
次女も調子のいいときは連れていったのですが、無理をするとすぐ翌日熱が出て。
調子の良い日の昼に連れて行ったり工夫しましたが、それでもなかなか行けなかった。(風邪うつすわけにもいかないしね)
連れて行った時間だけは、体が辛いはずのおばあちゃんに笑顔が出たそうです。
産まれてからずっとかわいがって頂き…毎週通うようになってから何年だったかな?
千晴が四歳半だから、三年半ぐらいかな。
夫も毎週よく通いました。
祖母孝行だったなー。頭が下がるよ。
義母も息子がこれだけ自分の母を大事にしてくれると、すっごく嬉しかったんじゃないかな。
私の祖母はまだ健在。
こちらはまだ体も動くし元気にしていますが、そんなに会いに行っていないので…旦那からもっと会いに行くように言われました。
もう94歳だもんね。
私の祖母も子供大好きでうちの子たちと上手に遊んでくれます。
実家に帰る途中だし、車を運転できない母を連れて行ったりしよう。
代々続く命と、それを育ててくれたおじいちゃんおばあちゃんたちに…心から感謝して、考えた日々でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たいへんでしたね。さみしくなりましたね。

でもご長寿で、みなさんに見送られてよい旅立ちだったのでは。

まりさんも身重なのにたいへんでしたね。

うちの父も去年亡くなりましたが、まだ病院に行けばニコニコ笑ってるような気がします。

命は親から子、孫、ひ孫と続いていきますね。おなかのお子さんを大事に無理しないでくださいね。
2008/03/26(水) 20:29:02 | URL | ちょろ #HfMzn2gY[ 編集]
色々とお疲れ様でした。
うちの職場の実母も94歳だそうですが、畑仕事などしてご健在。
お兄さん夫婦と岡山に住んでいらっしゃるそうで、
心配だけど遠くて行けないと嘆いていますが、
元気で居てくれてるのが当たり前になっちゃいけないんだよね…。
私はどちらの祖父も若くして亡くなっており、
残念ながら記憶にあるのは父方の祖母のみ。
その年齢を超えようとしている自分の両親がとても心配です。
私なんか結婚する当てもなくて心配ばかりかけて(^^;)
順番だから仕方ないと言われても残される方は辛いですよね。
でも。間もなく新しい命も生まれることなので、気を落とさずに元気で居てね。
元気な子が生まれましたって墓前で報告するのが、何よりのご供養になるのではないかな。
2008/03/26(水) 21:07:21 | URL | あさ #-[ 編集]
きっと
きっとお祖母様も喜んでいらっしゃったんでしょうね。
まりさんの一生懸命な姿をお子さん達もしっかり見ていたんだと思います。
「親孝行したいときに親はなし」
そういう言葉がありますが、私も親が生きている今の内に親孝行しようと思いました。
心に残る話をありがとうございます。
2008/03/26(水) 21:57:27 | URL | tomomitako #.PupmXpQ[ 編集]
なんか…暗い話題だったのに、コメントいただけてびっくりしています。
皆さんありがとうございます!

おばあちゃんが亡くなる前、「ちはるにそっくりの男の子が産まれる夢ばみたけん、絶対男の子ばい」とおっしゃったのですが…検診の結果、男の子だそうです!
おばあちゃんすごーいっつ!! 本当に長女にそっくりかも。

ちょろさん>
寂しくなりました。でも、90歳って平均より長生きだったんですよね…。
亡くなる一月前まで元気そうにして畑仕事もしていらっしゃったのが何よりでした。
お父様を亡くされたら相当なショックが来ますよね。
家族って喧嘩もするけど、大切にしないといけないな~って思いました。
喧嘩することはあっても、大事に思っているんだよって事だけは伝えて接していきたいです。

あささん>
私の祖母も自宅の前の道の掃除や近くのお堂の掃除と花の世話など…毎日やっているぐらい元気一杯。
だけど94歳っていったら、本当にいつ会えなくなるかわからない年だよね。
多少無理してでも会いに行った方がいいよね。
ご自宅は誰もいなくなるので、仏壇に参りに行くのは難しくなるのだけど…お墓は近いの。 元気な子を産んで、みんなで見せに行くつもりです(^^)

tomomitakoさん>
ほんと…親に孝行しなくちゃですね。
とかいいつつ、今回も世話かけっぱなし。
葬儀の日に次女が39度の熱出してドクターストップ。(仮通夜通夜と無理した)
先生が祖母の主治医と同じ人(内科小児科なので一族で主治医がいっしょ)だったので「ばーさんの葬儀に連れていくなよ。俺がそういったといってお母さんもいかんでもいい」と言われ。とか言われても葬儀に行かない訳にも行かない立場。
うちからは両親出席予定だったのですが、母に次女を預けて私が行きました。
帰りも遅くなったので泊まりがけになった母。父はほったらかし。
入院のときも5日ばかり泊まって長女の世話してくれたりと、迷惑かけてばかりです~。
三人目産んだら産んだで、また実家に帰るし、子供の世話も一月になるととんでもなく大変だよねっつ(ーー;)
何をすれば孝行になるんでしょうかああ………((((^^;)
もう一度海外旅行に行きたいらしいので連れて行きたいですが。
私の方が何年後に行けるかわからない。
それまでシャンシャン元気で居てほしいです。
2008/03/26(水) 22:27:21 | URL | 宮田まり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。